実際にデザイン住宅を建てる費用はどれくらいか

注文住宅を建てる場合は建売住宅や分譲住宅と違って家族のライフスタイルにそって希望や夢を盛り込みながら建築家や設計者と十分に打ち合わせを行い進めて行くことが出来ます。建築家はそれらの内容に従ってコンセプトを設定し、間取りや動線、機能性や外観など統一感を持った独自の、そして他にはない魅力を持った注文住宅を実現することができるものです。ただ設計段階で希望を盛り込むだけでなくて都市計画法や建築基準法の制限を受ける中で敷地の形や広さ、立地条件や近隣の環境に合わせて最大限のアイデアを盛り込んでこれを実現するように努めることになります。限られた予算の中で夢をかなえるとなると予算制限の中でこれをうまく収めるのは難しいものですが、時には自由設計という手法も用いながらこれに応えてくれるものです。

建設費用についての考え方としては

地元の工務店とか国内で名前の通った大手のハウスメーカーではその建設費用の目安として標準仕様の坪単価が提示されている場合も見られます。しかし東京都心と地方の場合は企業の内容や物価水準も違い、余り参考にならない場合もあるとされます。坪単価の設定方法も企業によってまちまちであり、材料や設備機器のグレードを変えることで大幅に建設費用が変わって来る可能性があります。あるいはデザイン住宅といってもハウスメーカーでは既成のプランに従って建てられる規格型住宅という選択方法があり、最近は自由設計にも少しずつ対応できるようになって来ていますが、それでもプランの一部などを変更することで建設費用が大幅に上がるといったこともあり得ます。又、宣伝広告費を多く使ったり、住宅展示場を出展しているとか営業マンを雇う、あるいは施工を下請け業者に任せるといった場合には坪単価は上がることになるとも言えます。

デザイン住宅の手法とその進め方について

デザイン住宅は間取りも機能性に配慮した場合は屋根型を工夫したりプランニング段階で立面図や完成予想イメージと同時並行的に進めて行くことで望ましいものになるとされていますので一般には無駄な部分は生じないとされています。デザインは住宅本体と同時にカラーコーディネートを含めたインテリアやエクステリアのデザインにも及んで来ますので、これらのことを考えると建築設計事務所に依頼してそこで付き合いのある施工業者を複数ピックアップして相見積を出してもらい相場をつかむという方法が適切であるとも言えます。もし予算内に収まらない場合は設計変更や仕様変更を行い、建築確認申請業務や詳細図も含めた図面作成を行ってもらえ、建築設計監理で施工段階ごとに検査やチェックも行ってもらえて希望に近いものが出来上がることになります。